淺い思い出

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kooriyama.areablog.jp/limire

面白かったです

上の囲みは昨年の3月19日に投降したものです。

「相棒」の「ダークナイト」に関しては、思っている事はその囲みの中の記事と「「相棒」のオハナシ」 

という記事の中に書いてありますので、ここでは何も触れません。ただ読み直してみると「相棒のオハナシ」は打ち間違えが多いのに、そのままアップされてました。気が向いた時に直すので、もしお立ち寄りくださった方は、あっ、ここねと軽くスルーしておいてください。

19日の土曜日は、その「ダークナイト」の成宮君も出ていた「怪盗山猫」の最終回でした。

 

先週はいろいろと見ていたドラマが最終回だったので「怪盗山猫」と他のドラマの感想をメモ程度で書いておきたいと思います。

わたしにとっては水曜日と金曜日はドラマディーでした。

「わたしを離さないで」の次に好きだった「スミカスミレ」は今週が最終回なので、また別に書けたら良いなと思っています。

 
水曜日は「フラジャイル」をオンタイで「ヒガンバナ」を録画して見ていました。

「君が医者である限り、僕の言葉は絶対だ。」がキメ台詞の長瀬君の医療ドラマ。たまたま夫が入院中だった事もあり、また自分の病気のことも含めて、いろいろと考えさせられました。面白かったです。

夫などはあまり好きじゃないみたいなのですが、私はDAIGOさんが結構好き。その彼が出ていた「ヒガンバナ」。堀北真希演じる来宮は殺人現場で被害者か加害者が言った最後の言葉を拾う能力のある人。

「わたし、シンクロしました。」がキメ台詞。

DAIGO演じる菊池は間違いであっても来宮の父を殺してしまったわけで、それがたとえ子供の時代の話であっても、この先に恋愛関係になるなんて事はやっぱりあり得ない事ですよね。ニコニコと関わりあっていくのも、ドラマゆえの限界のような気もしますが、それ以外は問題なし。単純に面白かったです。特に最終回のゲスト、斎藤由紀さんは良かったですね。

キャストの女性陣もみな豪華でみんな良かったです。


面白
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kooriyama.areablog.jp/blog/1000099063/p11366761c.html
dfdf | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
つりと「あたした
は度々あります
食べ物を詰ま
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
淺い思い出
プロフィール
淺い思い出
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 3 4467
コメント 0 3
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード